アナログ人間が文明の利器に立ち向かい家族のために頑張る

【2018年度版】bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法

WRITER
 
ビットフライヤー登録方法アイキャッチ







この記事を書いている人 - WRITER -
東北の片田舎に住んでます。bticoin(ビットコイン)に将来性を感じたのと現在日本で深刻な問題となっている人手不足に対処していくには、今後web関連のスキルが必要になると思い、思い切って退職いたしました。最近ルービックキューブにハマっています。
詳しいプロフィールはこちら

 

Craneです。

今回は仮想通貨取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)の新規登録方法を解説いたします。

 

 

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法

まずは、bitflyer(ビットフライヤー)にアクセスし画面中央のメールアドレス入力欄にメールアドレスを入力し、『アカウント作成』をクリックします。

 

すると、登録したメールに確認メールが届くのでメール内のリンクをクリック、またはメール内のキーワードをコピーして貼り付けるのどちらかを行います。

メール内のリンクをクリックの方が簡単ですね。

ビットフライヤー登録1

 

すると、同意画面がポップアップするので、表示されている各チェックボックスをチェックし、『bitFlyerをはじめる』をクリックします。

  • 『ご利用規約』と『プライバシーポリシー』への同意
  • 仮想通貨取引におけるリスクへの理解
  • 米国の居住者ではない旨の申告
  • 取引時交付書面への理解

各項目への☑チェックが済むと、『bitFlyerをはじめる』がクリック可能になります。

 

早速、二段階認証の設定を求められるので、取り急ぎ下部の『メールで受取る』をクリックします。

ビットフライヤー登録2

 

任意で決めた4桁の暗証番号を入力し(確認部分へも)『設定する』をクリックします。

ビットフライヤー登録3

 

設定欄の全てを☑チェックし、『二段階認証を設定する』をクリックします。

ビットフライヤー登録4

 

二段階認証の設定完了です。

完了の旨のメールも受信します。

ログイン時などに、確認コード(6桁)が送信されてくる設定になりセキュリティが強化されます。

ビットフライヤー登録5

 

続いて、次の画面の『まずは取引時確認の入力から始める』をクリックします。

アカウント情報>ご本人情報の登録から進んでもいけます。

 

各種個人情報を全て入力後、下部の『登録情報を確認する』をクリックします。

 

運転免許証など指定の書類を1つ選択し、写真をアップロードした後、下部の『ご本人確認資料を提出する』をクリックします。

  • 写真は表面・裏面どちらも必要です。
  • 運転免許証以外だと、パスポート・個人番号カード・住民基本台帳カード・各種健康保険証などがあります。

 

取引目的等の確認を行い、下部の『入力する』をクリックします。

外国の重要な公認についての欄では、特殊な仕事の方が対象になるので、通常は『親族ではありません』を選択します。

 

銀行口座情報の入力を行い、下部の『登録情報を確認する』をクリックします。

日本円の入出金時に使用する銀行口座を登録します。

 

ハガキの受け取りが完了すれば口座開設の完了です!

ハガキを受け取る前にアカウントクラスが『トレードクラス』に変われば、取引が開始できます。

 

 

 

 

 

パスワードの変更

メール登録時に受信したメールに初期パスワードが記載されております。

この時点でもかなり複雑なパスワードになっておりますが、変更しておくことをオススメいたします。

設定は簡単です。

設定>パスワード変更から下記の要領で変更します。

現在のパスワード:メール受信時のパスワードです。間違えないためにもコピー&ペーストが良いでしょう。

新しいパスワード:今回設定するものです。

新しいパスワード(もう一度):今回設定したものをもう一度入力します。

最後に『パスワード変更』をクリックします。

 

 

二段階認証の設定

さらにセキュリティを強化するために二段階認証をモバイル認証アプリでの設定に変更します。

 

まずは、画面左の設定>セキュリティ設定へと進みます。

 

二段階認証アプリをスマートフォンなどにダウンロードします。

色々ありますが、オススメはGoogleのGoogle Authenticatorというアプリです。

Google Authenticatorは下記ボタンリンクからもダウンロードできます。

 

アプリダウンロード完了後、パソコンの画面下部『二段階認証の設定を変更する』をクリックします。

 

登録時に決めた4桁の暗証番号を入力します。

 

するとメールに確認コードが送信されてくるので、パソコン画面へ入力し『次へ』をクリックします。

 

『認証アプリを使う』を選択し、『次へ』をクリックします。

 

続いて、ダウンロードしたスマホアプリを起動し、アプリ画面下部の『設定を開始』をクリックします。

 

スマホアプリの『バーコードをスキャン』をクリックします。

アプリがスマホカメラのアクセスを求めてきた場合は、OKをクリックします。

 

パソコン画面に表示されているQRコードをスマホアプリで読み込みます。

 

すると、6桁の数字が表示されるので、その数字を下部の『確認コードを入力』の欄に入力し、『二段階認証を設定する』をクリックします。

※数字は30秒ごと変化し、ランダムな数字を表示します。

 

『設定は完了しました。』と表示されれば設定完了です。

※2段階認証が設定されると適宜(ログインや送金時)6桁数字を求められるようになります。

※当然設定したスマホのみの数字しか受け付けなくなりセキュリティが強化されます。

※2段階認証を設定したスマホが何らかの原因(機種変更・紛失・故障)で使用出来なくなると、ログイン出来なくなります。備えとしてアカウントキーを控えておく、またはそれを印刷した後、厳重保管しておく事をおすすめいたします。

 

 

携帯電話認証

携帯電話での認証を行います。

 

まずは、画面右下のアカウント情報のところにある携帯電話認証をクリックします。

 

携帯電話番号を入力し、『携帯番号認証をする』をクリックします。

 

携帯電話にショートメッセージ(SMS)が送られてくるのでパソコン画面上の入力欄に入力し、『携帯番号登録』をクリックし登録完了です。これで全ての設定が完了しました。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
東北の片田舎に住んでます。bticoin(ビットコイン)に将来性を感じたのと現在日本で深刻な問題となっている人手不足に対処していくには、今後web関連のスキルが必要になると思い、思い切って退職いたしました。最近ルービックキューブにハマっています。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アナログ人間のセミリタイヤ人生 , 2018 All Rights Reserved.