アナログ人間が文明の利器に立ち向かい家族のために頑張る

【2018年度版】 COINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)の登録方法と使い方

WRITER
 
coinexchangeの登録方法のアイキャッチ画像







この記事を書いている人 - WRITER -
東北の片田舎に住んでます。bticoin(ビットコイン)に将来性を感じたのと現在日本で深刻な問題となっている人手不足に対処していくには、今後web関連のスキルが必要になると思い、思い切って退職いたしました。最近ルービックキューブにハマっています。
詳しいプロフィールはこちら

 

Craneです。

今回は、海外の仮想通貨取引所のCOINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)の特徴、登録方法、基本的な使い方を解説いたします。

紛らわしいですが、国内にも同じ名前の取引所があり、こちらはQUOINEXと書いてそう読みます。独特の読み方ですね。

 

このCOINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)では、巷で話題?!のアルトコインSHIELD(XSH)シールドが売買出来ます。

私自身、SHIELD(XSH)シールドをほぼ理解しておりませんが、まずは分かる範囲でSHIELD(XSH)シールドをプチ解説させていただきます。

 

SHIELD(XSH)シールドの特徴
・匿名性を持っている

・送金スピードが早い

・量子コンピューターへの対策

 

特筆すべきところは、量子コンピューターへの対策です。

量子コンピューターとは、簡単に言うと現在のスーパーコンピュータの数倍もの計算を瞬時に行ってしまうコンピューターの事で、実用化はまだされていなく実験段階ですが、量子コンピューターが登場すると現在の仮想通貨で使用されている暗号(ハッシュ値など)が、いとも簡単に解かれてしまうと言われております。

SHIELD(XSH)シールドでは、この量子コンピューター耐性の実装を掲げております。(実装は今年中の予定との事です)

 

あとは匿名性です。

匿名性があると、決済や寄付などを行った場合、それは誰の行為かが分かりません。したがって、取引履歴を第三者に知られることがないのでプライバシーが担保されます。

また、企業で決済などに匿名性通貨を導入した場合、個人情報保護に有効活用でき、セキュリティの向上を図れます。世界最大の銀行であるJPモルガンは、匿名性が非常に高い通貨の『Zcash(ジーキャッシュ)』と提携しております。

しかし、『仮想通貨』『匿名性』と言葉が続くと、どうしてもダークなイメージになります。

先日、国内で唯一匿名性通貨を取り扱っていたコインチェックを買収したマネックスグループが、コインチェックの匿名性通貨『Zcash(ジーキャッシュ)』『Monero(モネロ)』『Dash(ダッシュ)』を6月までに廃止するとプレスリリースした事は記憶に新しいですが、匿名性があるとマネーロンダリング(麻薬の売り上げなどの違法資金の洗浄)や脱税に利用されてしまう可能性があり、今現在、世界中で匿名性通貨を規制する動きがあるのも事実です。

吉と出るか凶と出るか、匿名性を持つ仮想通貨から目が離せません。

 

他にも有名な草コインであるVerge(バージ)やXP(エックスピー)コインなどもCOINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)で購入できますね。

 

SHIELD(XSH)シールドが買えるCOINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)の特徴

  • 日本語対応無し
  • 取扱い通貨500以上
  • 取引手数料は0.15%(バイナンスが0.1%なので安い方でしょうか)
  • 所在地不明
  • ログインがメールアドレスではなくてユーザー名を使用する
  • 本人確認無しで出金無制限!
  • 送金手数料はBTCで0.0005btc、ETHで0.01(2018.04.20現在)
  • 1日の最大出金金額10BTC

 

COINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)での取り扱い通貨はなんと500種類以上です!

 

気になる通貨がいつでも購入できるように、登録し準備万端にしておきましょう。

 

 

COINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)の登録方法

※画像認証(CAPTCHA(キャプチャ))について

登録の行程内で『私はロボットでありません』のような画像認証が出てきた場合は、指定の画像(複数有り又は無い場合も有り)を選択し、最後に確認をクリックします。

まずはCOINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)へアクセスし、緑色の『REGISTER NOW』をクリックします。

 

すると、画面認証になりますので、☑チェックします。

 

REGISTER画面が出ますので、上から

  • メールアドレス
  • ユーザー名(おそらく日本語以外なら何でも大丈夫だと思います)
  • パスワード
  • パスワード(再入力)

を入力したら、『登録』をクリックします。

 

すると、登録したメールアドレスにメールが届くので、リンクをクリックします。

coinexchangeの登録方法のリンクメール画像

 

『Thank you for registering!』の表示が出れば、なんと登録は完了です!

 

二段階認証の設定

これだけ簡単な登録なので、二段階認証の設定は絶対です!

 

登録完了からの続きです。

 

ログインが成功するので、『Account Settings & Security』をクリックします。

coinexchangeの登録方法のアカウント設定画像

 

すると、次の画面が出るので、Google Authenticatorの『Manege Google Authenticator』をクリックします。

coinexchangeの登録方法の二段階認証設定画面

 

次に、2段階認証アプリをスマートフォンなどにダウンロードします。

GoogleのGoogle Authenticatorというアプリです。

Google Authenticatorは下記ボタンリンクからもダウンロードできます。

 

続いて、画面上に表示されているGoogle Secretをメモまたはスクリーンショットなどで控えます。

続いて、ダウンロードしたスマホアプリを起動し、アプリ画面下部の『設定を開始』をクリックします。(もしくは画面右上のプラスマークをクリックします)

 

スマホアプリの『バーコードをスキャン』をクリックします。

アプリがスマホカメラのアクセスを求めてきた場合は、OKをクリックします。

 

パソコン画面に表示されているQRコードをスマホアプリで読み込みます。

 

スマホアプリに表示される6桁の数字をパソコン画面の『Enter Authentication Code』の欄に入力し、『Confirm Google Authentication Activation 』をクリックします。

※6桁数字は30秒ごとにランダム表示されます。

図解だと下図のようになります。

coinexchangeの登録方法の二段階認証設定の手順の画像

 

④クリック後、緑色の文字で『Google Authentication setup successfully』となれば成功です!

coinexchangeの登録方法の二段階認証設定完了の画像

簡単でしたね。

 

※二段階認証が設定されると適宜(ログインや送金時)6桁数字を求められるようになります。

※当然設定したスマホのみの数字しか受け付けなくなりセキュリティが強化されます。

Google Secretは、スマホが起動しなような場合の緊急用のコードになります。

 

 

 

 

COINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)への入金方法

仮想通貨の入金画像

COINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)は、海外の取引所になるため、日本円での入金は出来ません。

したがって、日本の取引所でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)やイーサリアムクラシック(ETC)やライトコイン(LTC)を購入し、購入した通貨を送金します。

やはりビットコイン(BTC)がオススメですね。

さらにオススメな流れは、

住信SBIネット銀行に日本円を入金
入金した日本円をZaif(ザイフ)へ送金
Zaif(ザイフ)でBTCを購入
Zaif(ザイフ)で購入したBTCをCOINEXCHANGEへ送金する

です。

ビットコイン(BTC)購入時の手数料は、Zaif(ザイフ)で取引し出来るだけ安くすませましょう。

 

では、早速解説していきます。

 

まずはCOINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)にログインします。

※ログインはメールアドレスではなく、ユーザー名になります。

 

ログイン後、『Balances』を選択し、一覧からBTC(Bitcoin)を探し、右側の『Actions』のプルダウンメニューから『Deposit BTC』を選択します。

仮想通貨解説のアドレス表示までの画像

※BTCが表示されない時は、自分が保有している資産しか表示されない設定になっている可能性があるので、右上部の緑色表示の『show all currencies』をクリックし、オレンジ色表示の『hide zero balances』を表示させます。

仮想通貨解説の保有通貨のみ表示設定の画像

 

表示されたビットコインアドレスを、送金元である日本の取引所のビットコイン出金アドレスの欄に入力します。他、BTC出金額と出金手数料も入力し、送金元の『送金(出金)』をクリックします。)

coinexchangeの入金方法のビットコインアドレスの表示画像

 

例:送金元がZaif(ザイフ)の場合

ログイン>アカウント>入出金と履歴>ビットコインマーク>出金

仮想通貨解説のzaifのbtc送金画像

 

あとは着金するのをひらすら待ちます。

着金すれば『Available Balance』に数量が反映されます。

なかなか着金されないからといって焦る必要はありません。

 

 

COINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)からの出金方法

仮想通貨の出金画像

ログイン>Balances>一覧から送金する通貨を探す>右側のActionsのプルダウンメニューをクリックまでは、入金時の操作と同じです。

その後、『Withdraw BTC』を選択します。

coinexchangeの出金方法の出金フォーム表示までの画像

 

すると、出金フォームが表示されるので、下図の要領で操作します。

coinexchangeの出金方法の出金フォームへの入力方法の画像

※図解がごちゃごちゃして分かりにくくなってしまいましたが、お伝えしたい事はただ一つ、最大保有数を送金しようとしても手数料の支払いがあるので送れないという事です。(最低0.0005BTC分は控除されます)

 

例:送金先がGMOコインの場合

ログイン>入出金>仮想通貨>ビットコイン

coinexchangeの送金方法のビットコインアドレスの表示

 

送金処理はまだ完了しておりません!

『Submit Withdrawal』をクリックすると、最終承認用のメールが届きます。

メール内のリンクをクリックしたら、あとはマイナーにマイニングされ送金完了するのを待つだけです。

coinexchangeの送金方法の送金承認メールの画像

送金されれば送金先のビットコイン数量に反映されます。

また、COINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)側のWithdrawalの履歴(Status)が『cleared』になります。

なかなか送金されないからといって焦る必要はありません。

 

 

COINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)で仮想通貨を購入する方法

仮想通貨の購入画像

ログイン>MARKETと進みます。

 

『Select a Market』のプルダウンメニューから基軸通貨を選択します。

※以降、便宜上基軸通貨をビットコイン(BTC)とした場合で解説いたします。

coinexchangeの仮想通貨購入方法の基軸通貨選択画像

 

続いて左側の列の『Market』から取引したい通貨の青文字部分をクリックします。

ではSHIELD(XSH)シールドを購入してみましょう。

coinexchangeの仮想通貨購入方法の取引する通貨選択の画像

 

引き続き、緑色の購入(Buy)フォームに、下図の要領で入力していきます。

coinexchangeの仮想通貨購入方法の注文の出し方の画像

※フォーム上部の緑色部分に現在保有している基軸通貨数が表示されます。Priceを確定させてから、この数字部分をクリックすると、保有している基軸通貨の全てを購入に充てることが出来ます。

※『Price』部分の価格は、フォーム下にある『Sell(Buy)Orders』に表示されている各Price部分をクリックし、その表示価格を反映させることが出来ます。

※Ordersの下部に『Recent Market Trades(直近の取引履歴)』が表示されているので、直近の約定価格を参考にしながら、注文の金額を決めていきます。

 

『Submit Buy Order』をクリックすると、最終確認画面になりますので、『Confirm Order』をクリックします。

coinexchangeの仮想通貨購入方法の注文の最終確認画面の画像

 

その後、注文から約定までは次の流れで進みます。

(約定した場合)

青色のメッセージボックスがポップアップします。

通常、注文に出した数量全てが一発で約定される事は少ないです。分散されて徐々に約定されます。したがって、約定されない注文が残る場合があります。

coinexchangeの仮想通貨購入方法の約定通知の画像

 

(注文が板に並んだ状態)

自分の注文が青色で表示されます。

coinexchangeの仮想通貨購入方法の保留の注文分の青色表示画像

 

『Your Live Market Orders』にも表示されます。いわゆる約定されない注文が残ってる状態です。

coinexchangeの仮想通貨購入方法の保留の注文分の画像

 

※なかなか約定しない場合は、必要に応じてキャンセルし注文価格を見直して再注文します。この場合、先に約定した分は取引が成立しているため遡及してキャンセルすることはできません。

 

(全ての取引が完了した場合)

『Your Live Market Orders』が消えます。

 

COINEXCHANGE(コインエクスチェンジ)で仮想通貨を売却する方法

仮想通貨の売却画像

ログイン>MARKETと進みます。

 

『Select one or more market』の検索欄に売却したい仮想通貨の通貨記号を入力します。

※以降、便宜上仮想通貨をSHIELD(XSH)シールドとした場合で解説いたします。

coinexchangeの仮想通貨売却方法の基軸通貨の検索画像

検索欄にXSHと入力すると、XSHを売却する際に交換できる基軸通貨が表示されます。SHIELD(XSH)シールドはビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ドージコイン(DOGE)の3種類が基軸通貨になるようです。(少し難しい話になってしまい申し訳ないです。ビットコイン(BTC)を売却する場合に、円で戻すか、米ドルで戻すか、ユーロで戻すかといった話と同じです。)

 

以降、便宜上ビットコイン(BTC)に戻す場合として解説していきます。

検索欄にXSHと入力し、候補に挙がった基軸通貨の中から『XSH/BTC』を選択します。

クリックすると☑チェックマークが付き、Market一覧に『XSH/BTC』のみが表示されます。

 

続いて、『Market』のところの『XSH/BTC』の青文字部分をクリックします。

coinexchangeの仮想通貨売却方法の売却する通貨の選択画像

 

引き続き、赤色の売却(Sell)フォームに、下図の要領で入力していきます。

coinexchangeの仮想通貨売却方法の売却フォームの入力方法の画像

※フォーム上部の赤色部分に現在保有している仮想通貨数が表示されます。Priceを確定させてから、この数字部分をクリックすると、保有している仮想通貨の全てを売却に充てることが出来ます。

※『Price』部分の価格は、フォーム下にある『Sell(Buy)Orders』に表示されている各Price部分をクリックし、その表示価格を反映させることが出来ます。

※Ordersの下部に『Recent Market Trades(直近の取引履歴)』が表示されているので、直近の約定価格を参考にしながら、注文の金額を決めていきます。

 

『Submit Sell Order』をクリックすると、最終確認画面になりますので、『Confirm Order』をクリックします。

 

以降は、購入方法の解説と同じ流れです。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

日本語に対応していなくても、基本的な操作さえマスターしてしまえば、問題無く使用することが出来ます。

 

COINEXCHANG(コインエクスチェンジ)は草コインの宝庫と言われております。草コインとは、その通貨の目的が明確でなかったり、極端に価格が安い通貨の事を指し、通貨によっては個人で発行しているものもあります。

 

私は実践した事がないのですが、Dogecoin(DOGE)ドージコインを購入し、常に自分の在庫としておき、草コインの購入に備えている方もいらっしゃいます。

なぜDogecoin(DOGE)ドージコインなのかというと、ビットコイン(BTC)だと金額が高すぎて、安すぎる草コインが買えない事が多々あるため、単価の安いDogecoin(DOGE)ドージコインを基軸通貨にして草コインを購入するためです。(1DOGE=0.6円 2018.04.25現在)

 

昨今、ビットコイン(BTC)は単価が高いので、ビットコイン(BTC)を大量に購入するのは難しくなっております。

 

草コインを研究し、これだ!と思った激安通貨を少額の投資で大量に所持し、一攫千金を狙うのも面白いかもしれませんね。

 

但し、くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
東北の片田舎に住んでます。bticoin(ビットコイン)に将来性を感じたのと現在日本で深刻な問題となっている人手不足に対処していくには、今後web関連のスキルが必要になると思い、思い切って退職いたしました。最近ルービックキューブにハマっています。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アナログ人間のセミリタイヤ人生 , 2018 All Rights Reserved.