アナログ人間が文明の利器に立ち向かい家族のために頑張る

【2018年度版】 GMOコイン(ジーエムオーコイン)の口座開設方法

WRITER
 
gmoコイン 口座開設方法アイキャッチ画像







この記事を書いている人 - WRITER -
東北の片田舎に住んでます。bticoin(ビットコイン)に将来性を感じたのと現在日本で深刻な問題となっている人手不足に対処していくには、今後web関連のスキルが必要になると思い、思い切って退職いたしました。最近ルービックキューブにハマっています。
詳しいプロフィールはこちら

 

Craneです。

今回は仮想通貨販売所のGMOコイン(ジーエムオーコイン)の新規口座開設方法を解説いたします。

 

 

GMOコイン(ジーエムオーコイン)の口座開設方法

 

※画像認証(CAPTCHA(キャプチャ))について

登録の行程内で『私はロボットでありません』のような画像認証が出てきた場合は、指定の画像(複数有り又は無い場合も有り)を選択し、最後に確認をクリックします。

 

まずは、【GMOコイン】にアクセスし画面右上の『口座開設』をクリック後、表示されたメールアドレス入力欄にメールアドレスを入力し、『無料口座開設』をクリックします。

 

すると、メールアドレス宛に認証メールが届くので、リンクをクリックします。

gmoコイン登録方法 メールのリンクをクリックする画像

 

次に、パスワード設定画面で、パスワード(確認用も)を入力し、『設定』をクリックします。

 

『パスワードの設定が完了しました』と出るので、その下の『ログイン画面へ』をクリックします。

 

ログイン画面が表示されるので、設定したメールアドレスとパスワードを入力し、ログインします。

 

すると、電話番号による認証の画面が表示されるので、電話番号を入力し、『コードを送信』をクリックします。(携帯電話の方が簡単です)2回聞いてきます。

gmoコイン登録方法 電話番号認証画像

 

SMS(ショートメッセージ)で受信した6桁の数字を表示されている画面に入力し、『認証する』をクリックします。

gmoコイン登録方法 SMS入力画面

 

『認証が完了しました』と出れば成功です。下部の『開設申込へ進む』をクリックします。

 

各種個人情報を入力し、『同意する』にチェック後、『確認画面へ』をクリックします。

米国納税義務と外国の重要な公人は、一般的には『該当しない』選択で大丈夫です。

 

再確認画面になるので、確認後『確定』をクリックします。

 

すると、本人確認方法の選択画面になるので、どちらかを選択しますが、『本人確認書類の画像をアップロード』簡単なのでこちらをクリックします。

 

本人確認書類のアップロードを行います。以下、『運転免許証』の場合で解説しますが、他の書類もほぼ同様になります。

 

上部プルダウンメニューから『運転免許証』を選択し、『表面の画像を選択』をクリック後、パソコン(スマホ)内の写真データをアップロードし『画像を確定する』をクリックします。

裏面に記載がある場合は、『裏面の画像を選択』をクリックしてアップロードします。

 

本人確認書類のアップロード完了となれば成功です。また、口座開設コードが記載された郵便の発送も同時進行されます。

本人確認は、審査が入るのでメールでの結果を待ちます。

 

郵便が届いたら、会員ホーム>口座開設コードと進み郵便物に記載されたコードを入力し、『口座開設』をクリックし、口座開設完了です!

 

 

アプリによる2段階認証の設定

セキュリティ強化のため、アプリによる2段階認証の設定をオススメします。

 

まずは、2段階認証アプリをスマートフォンなどにダウンロードします。

色々ありますが、オススメはGoogleのGoogle Authenticatorというアプリです。

Google Authenticatorは下記ボタンリンクからもダウンロードできます。

 

次にログインし、口座情報>セキュリティ>2段階認証>アプリへ変更と進みます。

 

すると、携帯のSMS(ショートメッセージ)に6桁の数字が送られてくるので、コード入力欄に入力後、『認証する』をクリックします。

 

次に、ダウンロードしたスマホアプリを起動し、アプリ画面下部の『設定を開始』をクリックします。(もしくは画面右上のプラスマークをクリックします)

 

スマホアプリの『バーコードをスキャン』をクリックします。

アプリがスマホカメラのアクセスを求めてきた場合は、OKをクリックします。

 

パソコン画面に表示されているQRコードをスマホアプリで読み込みます。

 

スマホアプリに表示される6桁の数字をパソコン画面の2段階認証コードの入力の欄に入力し、『認証する』をクリックします。

6桁数字は30秒ごとにランダム表示されます。

 

2段階認証が設定されましたと出ます。『閉じる』をクリックします。

 

画面左に表示されている『ログイン時の2段階認証』の『利用する』を選択し、『保存する』をクリックします。

 

保存しましたと出れば成功です。あとは『閉じる』で終了です。

以上で終了です。

かなり簡単でしたね。

 

※2段階認証が設定されると適宜(ログインや送金時)6桁数字を求められるようになります。

※当然設定したスマホのみの数字しか受け付けなくなりセキュリティが強化されます。

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
東北の片田舎に住んでます。bticoin(ビットコイン)に将来性を感じたのと現在日本で深刻な問題となっている人手不足に対処していくには、今後web関連のスキルが必要になると思い、思い切って退職いたしました。最近ルービックキューブにハマっています。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アナログ人間のセミリタイヤ人生 , 2018 All Rights Reserved.