アナログ人間が文明の利器に立ち向かい家族のために頑張る

HitBTC(ヒットビーティーシー)の登録方法

WRITER
 
hitbtcアイキャッチ画像







この記事を書いている人 - WRITER -
東北の片田舎に住んでます。bticoin(ビットコイン)に将来性を感じたのと現在日本で深刻な問題となっている人手不足に対処していくには、今後web関連のスキルが必要になると思い、思い切って退職いたしました。最近ルービックキューブにハマっています。
詳しいプロフィールはこちら

どちらかと言えば緻密な計算よりも勘勝負の鶴です。

お察しの通り勘勝負というか、そもそも計算ができません。

こんなんで法人を目指してよいものか・・・。

数週間前に奥歯が欠けたので、昨日歯の治療に行ってきました。1カ月前ぐらいに妻も親知らず2本の抜歯をしており、その際かなり不安がっておったので、『大丈夫だよ。現代の医学の進歩で今は痛くないから。』と言って歯の治療なんて屁の河童みたいな事を言っておりましたが、昨日の治療後、脇汗ビッショリで帰ってきました。

麻酔から治療完了までの記憶がありません。

そんな我が家ですが、私、妻、娘、それぞれ通っている歯医者が違います。

 

重要
2018年6月下旬から日本居住者へのサービス提供の一時中止が発表されました。

したがって、当面HitBTCは利用出来なくなります。

 

注目のICOのBNKトークンの上場確定の取引所

今回は、世界でも取引高で上位に位置するイギリスの仮想通貨取引所のHitBTC(ヒットビーティーシー)の登録方法を紹介します。HitBTCは身分確認書類の提出も不要で仮想通貨の入出金が無制限です。まさにロックの国の取引所です。

私は仮想通貨取引所は13か所に登録しており、海外の取引所にも登録しております。英語が出来ないので最初は不安だらけでしたが、インターネットで登録方法や使い方などは容易に調べる事が出来るということと、最終的にはGoogle翻訳にて英文を作成しサポートに問い合わせすることも可能なので、現在は海外取引所であっても恐れずに登録できます。

海外の取引所を使用する大きなメリットは、国内の取引所では取り扱いのない仮想通貨の取引が出来るところです。

今回ご紹介するHitBTCにも様々な仮想通貨が上場しておりますが、注目ICO(オープン前セールのようなもの)のBNKトークンも上場する事が確定いたしました。上場は今月から来月に掛けてでしょうか。

BNKトークンは、Bankera(バンクエラ)というプロジェクトが発行するトークンです。仮想通貨の世界ではよく聞かれるこのトークンというのは、『仮想通貨』というよりはプロジェクトを支援するための『株式』のようなものです。国内取引所だと取引所Zaifが発行している『zaifトークン』なんかもあります。

Bankera(バンクエラ)NEM財団のロン・ウォン氏がアドバイザーに就任している事で有名ですが、簡単に言うと、現在の銀行が行っている業務を仮想通貨で行っていこうとしてる未来型銀行です。融資、預金、両替、投資信託、投資ファンドなどを仮想通貨で行うためのプラットフォームといった感じでしょうか。

また、その国どこ?!って感じですが、バヌアツ共和国のPacific Private Bankという銀行も買収しており、詐欺も少なくないといわれている仮想通貨のICOの中では、しっかりしいているものと感じます。

BNKトークン最大の魅力は、Bankera(バンクエラ)の利益の20%がトークン保持者に毎週分配されることです。

Bankera(バンクエラ)が構築したSpectroCoin(スペクトロコイン)という両替所兼ウォレットに、毎週ETH(イーサリアム)で入ってきます。

スペクトロコイン配当

画像は私の雀の涙の分配です・・・。直近だと0.000668ethですね。すくなっ!

※BNKトークンのICOは2018年2月末で終了しました。

話がそれましたが、早速HitBTCに登録してみましょう。

『HitBTC』の登録方法

① HitBTCにアクセスし、右上の語源を『Japanese』にします。

HitBTC登録1

 

② メールとパスワードを入力し、「私はロボットではありません」をチェックした後、『取引を今すぐ開始』をクリックします。

HitBTC登録2

 

③ 登録したメールアドレスにメールが届くので、文中のリンクをクリックします。

HitBTC登録3

 

④ 以上で登録は完了です。通常ログイン出来るようになります。引き続き2段階認証の設定をします。

 

 

 

2段階認証の設定

2段階認証を設定すると、ID(メールアドレス)とパスワード入力後に、6桁の数字を求めてくる画面が登場し、その6桁の数字が正解でないとログイン出来ない状態になります。ID(メールアドレス)とパスワードを入力する媒体を1つ、6桁の数字を表示させる媒体を1つの合計2つの媒体が必要になります。一般的には、ID(メールアドレス)とパスワードを入力する媒体はパソコンで、6桁の数字を表示させる媒体はスマートフォンとなるでしょう。

この仕掛けを施す事により、何者かが遠隔操作によって不正ログインしようとした場合に、6桁の数字を入力する手前までは行けたとしても、最後の砦となる正解の6桁の数字は、予め設定を施したスマートフォンしか表示されないため、不正にログイン出来なくなります。この2段階認証は昨今の仮想通貨取引所の登録おいては必須の設定になります。

 

① メインで使用する端末(パソコンやタブレット)以外の端末(スマートフォンがベストでしょう)に、Google Authenicatorをインストールします。端末のAPPストアでGoogle Authenicatorと検索すると出てきます。

 

② 取引所のホームページにアクセス後、サインイン(またはログイン)をクリックし、ID(メールアドレス)とパスワードを入力して取引所にログインします。サインイン時は、私はロボットではありませんにチェックを入れ、簡単なゲームを行う必要があります。

 

③ ログイン後、右上の歯車マークをクリックします。

2段階認証1

 

④ 『セキュリティ』をクリック後、(1)→(2)の順で操作を行い、最後に『確認』ボタンをクリックします。

2段階認証2

※ (1)の操作時は下図の要領で、Google Authenicatorをインストールした媒体でバーコードを読み込みます。

2段階認証3

⑤ 登録しているメールアドレスにメールが届くので、リンクをクリックします。

2段階認証4

 

⑥ 以上で設定完了です。
補足:『セキュリティ』をクリック後、自動ログアウトを解除しましょう。私は30分に設定しております。

 

 

 


 

hitbtc_logo_on_black_800px

HitBTCでは、国内未上場の仮想通貨が取引できます。

 

スペクトロコインでは様々な法定通貨や仮想通貨の両替が即時可能です。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
東北の片田舎に住んでます。bticoin(ビットコイン)に将来性を感じたのと現在日本で深刻な問題となっている人手不足に対処していくには、今後web関連のスキルが必要になると思い、思い切って退職いたしました。最近ルービックキューブにハマっています。
詳しいプロフィールはこちら










- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アナログ人間のセミリタイヤ人生 , 2018 All Rights Reserved.